ノロウイルス 予防

ノロウイルスの予防法をご紹介します。

 

まず大前提として、ワクチンなどの予防法がないということを覚えておいてください。
ということは、普段から日常できるケアをしていくしかない、ということです。

 

重要なのはうがいと手洗いです。

特に手洗いは、石けんを使って、手首までしっかり洗うようにします。

 

「ノロウイルスに石けんって効かないんじゃないの?」
という疑問をお持ちかもしれません。

当サイトでもそう書いています(参考→ノロウイルス 消毒)。

 

なので、石けんは別の用途で使います。

つまり、手に付いたウイルスを浮かせて洗い流す、という用途です。

 

直接ウイルスを殺すことができなくても、洗い流してしまえば同じことです。

手のシワに潜り込んだウイルスを浮かせて流すために、必ず石けんは使うようにしましょう。

 

そして、近年注目されているのが、乳酸菌です。

乳酸菌の中でも「Lカゼイ・シロタ株」という種類です。
(ヤクルトの製品に含まれています。)

順天堂大学大学院医学研究科のメンバーが

「高齢者が乳酸菌飲料を日常的に飲んでいると、
ノロウイルスによる感染性胃腸炎の発熱症状が軽減される」

という研究結果を発表しています。

 

研究によると、ノロウイルスによる感染性胃腸炎で発熱した際に、
高熱に達する率が低く、また発熱日数も約半分だったとのことです。

「継続的に」Lカゼイ・シロタ株を摂ることで、腸内環境がよくなったことが要因と考えられているようです。

 

 

ノロウイルス対策には、うがい・手洗いに加えて、Lカゼイ・シロタ株、というのが定番になるかもしれません。

スポンサードリンク

カテゴリー: 予防 | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://kiralikotocu.com/%e3%83%8e%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9-%e4%ba%88%e9%98%b2.html/trackback

ノロウイルスの上へ